家でよく見るコバエについて

暑くなってくると、虫が出て来ます。
台所でよく見る「コバエ」について、ホームページを見てみました。
1匹いるだけでも不衛生な感じがして、早くやっつけたいと思いますよね。
ところがこのコバエ、頭がいいのか偶然なのかやたらと叩きにくいところに止まります。
コバエが取れるという容器を置いていても、取れるのは最初だけでそのうち素通りしだすんですよね。
小さなハエをまとめてコバエと呼んでいますが、ホームページを見るとコバエという名前のハエはいないんだそうです。
家でよく見る小さいハエは、主にショウジョウバエ、ノミバエ、キノコバエ、チョウバエの4種類に分かれます。
ショウジョウバエとノミバエは、主に台所で生ごみなどに湧くコバエです。
キノコバエは蚊のような細長い足を持ち、植物が発生源なので観葉植物があるリビングなどにいます。
チョウバエはチョウチョのような丸い羽根が特徴で、水回りが発生源なので台所よりも風呂場に多く発生します。
春夏は気温が上がるため、排水溝は少しのヌメリやゴミが残っているだけで腐敗や悪臭の原因になり、コバエが寄ってきます。
日ごろからこまめに掃除をして、コバエが寄って来ない環境を作りましょう。